J-PEDAL FES
~春の国産エフェクター祭り~



2018年5月13日(日)

東京都目黒区池尻大橋の音楽学校
メーザー・ハウスにて開催決定!


入場無料



J-PEDAL FESについて


昨今、注目されている日本製エフェクターを一気に試せる参加型フェス。


話題のブランドや今後の活動が注目されるブランドを手に取り、


大音量で試し、製作者と直接話すことが出来る、


エフェクター好き、


楽器好きにはたまらないイベントです。





目次

紹介動画

出展ブランド一覧

イベント詳細

開催場所


J-PEDAL FES紹介動画


出展ブランド一覧


Bambasic Effectribe



元々プレイヤーである代表の番場氏が立ち上げたブランド。 自身の演奏にマッチするエフェクターを作成したことをきっかけに流通を開始する。プレイヤー目線で、細かな要望にも応え、実践向きな製品のためアーティストからの評価も高いブランド。

Bmabasic公式サイトはこちら

Blackberry JAM



ギタリストでもある代表の那須氏が立ち上げたブランド。目指しているのは「アンプジャスト」な操作性の再現。弾いた瞬間に伝わる、アンプ直のような弾き心地を追求し、唯一無二のペダルを製作。プロの現場でも既に採用されているプロ御用達のブランド。

Blackberry JAM公式サイトはこちら

HIKASIRA equipment



『JAPAN MADE QUALITY』を標榜するハイエンド・ハンドメイド・エフェクターブランド 。 『全てのプレイヤーが、より良い音楽を生み出せるよう『良い道具』をつくるブランド』として2014年より始動。 2016年に発売された代表機「3301 True Drive」は、2年の歳月をかけて作り上げられており、『現場で使える本物のサウンド』への拘りは素晴らしく、感覚の領域に達するほど突き詰められている。 サウンド面もさる事ながら、丁寧に組み上げられるハンドメイドの品質は非常に高く、さらにはアーティストの感性をくすぐるデザインもブランドコンセプトを表すにふさわしい仕上がりとなっている。

HIKASIRA公式サイトはこちら

Limetone Audio



ギタリスト/サウンドエンジニアである、今西勇仁氏が2017年に立ち上げた新ブランド。同氏はブランド立ち上げ前よりプロミュージシャンへの機材提供やモディファイを行なっており、2017年 第4回エフェクタービルダーズ・コンテスト優勝を機にLimetone Audioを発足。それまでのノウハウを注ぎ込んだペダルの一般販売を開始。モディファイ品のボリュームペダルは約半年で、プロの現場に一気に広がり話題を呼んだ。irodori、BC CUBEといった、これまでに無い、プレイヤー目線での製品を展開中。

Limetone Audio公式サイトはこちら

NAZCA



NAZCAは国産/ハイクオリティーなギター、ベース用ギグバックの製作からスタートし、これまで多くのミュージシャン、ユーザーから高い信頼を得てきました。さらなる楽器の周辺機器メーカーとして進化するために、ギター、ベース用ケーブルやストラップと次々にリリース。そしてエフェクターの開発へと発展していきました。今後も複数のペダルをリリースる方向で開発が進められています。

NAZCA公式サイトはこちら

STOMPROX



多くのミュージシャンの楽器調整、修理、製作を手掛けるL’s TRUSTのエフェク ターブランド。楽器本体のみならずアンプや周辺器材の修理もこなしレコーディングやライブにも深く関わる同工房ならではの「ポイントを押さえた」質実剛健な作りが評価を得ている。今回は代表機種BLACK LABELは勿論のこと、プロトタイプを含む新作を多数ラインナップ予定。

STOMPROX公式サイトはこちら

YUKI



代表兼エンジニアである河井誠氏は2002年にAYA tokyo japanを設立。同時に発 表したR-COMPの評価が高く、瞬く間にAYAの代名詞となり世間に名を馳せました。その後も数々の機種を発表 し、日本のペダルビルダーの先駆け的存在となる。2017年秋、河井氏が新たなブランド『YUKI』を設立。AYAで培ったノウハウを基に、より自由でより実用的なエフェクターの開発に力を注ぐ新たな挑戦といえる 新ブランド。

YUKI公式サイトはこちら

出展ブランド、随時更新致します。




イベント詳細
2Fメインステージ(RH studio)

HIKASIRA presents Special LIVE
1st STAGE 12:00~12:30
2nd STAGE 14:30~15:00



HIKAISRA 3301を使いこなすギタリスト笹本佳宏(Gt)、森田佳郎(Gt)によるセッションライブ演奏。 3301をバッキングやブースターとしてどのように使っているかなど、プレーヤーによる解説や参加者からの質問コーナーもございます。トランジスタアンプの代名詞Roland JC120を使用した演奏を予定しておりますので手持ちのアンプがないギタリストにとって、スタジオや、ライブハウスなどでJCを使用した3301サウンド作りの参考になると思います。

<バンドメンバー>
笹本佳宏(Gt)
森田佳郎(Gt)
ハセガワ ワタル(Ba)
須子 昌也(Dr)


STOMPROX presents
SCHONE氏によるデモ演奏
16:30~17:15(整列及び会場 16:00)



SCHON
[Composer/Producer/Arranger/Guitarlist]
1996年15歳という若さでMR.ORANGEでデビューをし、その若さと技術面が高く評価され初のフルアルバムでは国内インディーズチャート1位を記録。2002年MR.ORANGE解散以降プレイヤーのみならずZARDなどBeingアーテイストへのツアーサポートや楽曲提供プロデュース活動を行う。2009年プロデューサー長戸大幸と共にNaifuを立ち上げるが翌年離脱と共に独立をし、2010年以降コンポーザーとしての活動を本格化。 提供したアーティストはERIC MARTIN(MR.BIG) やU-KISSなど国内外を問わない。またテレビや劇番などにも数多くの楽曲を提供し続け、近年はOLDCODEXなどのライブやレコーディングでサポートギタリストを担当している。

Instagram
https://www.instagram.com/schonsound/

Official
http://schon-gallery.com/




4Fサブステージ

Blackberry JAM presents
海津信志氏によるデモ演奏
11:00~12:00



Blackberry JAM製品を実際にプロの演奏現場でどのように使用しているかを、実例を説明しながら演奏を織り交ぜて説明します。普段ジャズの現場からポップス、サポート演奏からレコーディングまであらゆる現場とシチュエーションで活躍するBlackberry JAMのペダルの良さを余すところなく体験していただける時間になると思います!

海津信志
16歳でバンドを結成、 ジャズギタリストとしての演奏を主軸に、サポートとしての仕事も開始し、数多くのアーティストのライブ、TV出演やレコーディングに参加。 現在は作曲活動も行い、アニメ、ゲームの主題歌なども手がける。 数々のコンテストやオーディションで賞を受賞し今後が注目されるギタリスト。
主な活動歴、家入レオ/シェネル/美川憲一/八代亜紀


Blackberry JAM presents
山本安男氏によるデモ演奏
12:30~13:30



・Blackberry JAM製品を使用しての山本によるオリジナル曲のデモ演奏
・楽器やペダルの実力を十分に引き出すための基本的な奏法講座
・使用しているBlack VelvetとLemongrassの魅力や使い方についての解説
・海津氏との共演によるスペシャルセッション

山本安男
演奏家・ギター奏法研究家。そのシュレッドなプレイスタイルから”超速神”と呼ばれる。自身の演奏活動と並行しさまざまなバンドでのサポート演奏や、アーティストの作品にもギタリストとして参加。また、サウンド&レコーディングマガジンやギターマガジン、ヤングギターなどの音楽専門誌への寄稿も行なっている。数々のエフェクターブランドやDAWソフト、音響機器ブランドなどのプロモーターとしても活動しているほか、講師として音楽学校などで作曲やアンサンブル、ギターの演奏方法について指導。 2014年、教則本界のカリスマ・宮脇俊郎氏らと共同で「秘伝!アドリブ書」なる教則本を出版。

山本安男公式サイトはこちら


okamu.氏によるデモ演奏
15:30~16:00



フェス出展ブランドのベース用エフェクターをokamu.氏が解説付きでデモ演奏を行います。 普段からプロの現場を多数こんしているokamu.氏から直接使用方法、推奨セッティングなどが聞ける貴重な機会です。

okamu.
大学卒業後サポートミュージシャンとして仕事を始める。 自身のバンド『SPIRAL SPIDERS』のメンバーとしてEMI ミュージックジャパンよりメジャーデビュー。 バンド脱退後、現在は様々なアーティストの作曲、編曲、 レコーディング、ライブサポートをしている。
主な活動歴、藍井エイル/足立佳奈/佐香智久/椎名へきる/春奈るな/ピコ/松本梨香/宮野真守/ASCA/chay/Trysail/ZYUN.etc

公式ブログ
https://ameblo.jp/takasixx
Twitter
https://twitter.com/okamu_xix




2F TH studio セミナールーム

Limetone Audio
今西氏によるボリュームペダル講座
10:30~11:30



(講座内容)
・ボリュームペダルとは
・ボリュームペダルのセッティング ~インピーダンスの違いとセッティング位置~
・インピーダンスの違いによるサウンドの聴き比べ
・ボリュームペダルの構造と回路
・プロの現場から学ぶボリュームペダルの使用方法


自作エフェクター製作講座

ブースター講座
講師:深谷徳幸氏(ICS FACTORY代表)
13:00~14:30

ギタマガエフェクターコンテストで特別賞受賞を受賞した今注目の日本人ビルダー深谷氏が立ち上げたブランド。 SNSを中心に話題となり、店頭に置いてもすぐに売れてしまう大人気ブランドに成長。今後の活動が大注目なブランド。

オーバードライブ講座
講師:那須信彦氏(Blackberry JAM代表)
15:00~16:30



尚、両イベントは先着応募参加制。ご好評につき応募は終了致しました。


自作エフェクター講座に見学枠設置
先着10名応募募集中

募集開始後またたく間に満席となってしまったため、急遽見学枠を設けました。
見学のみの為、作業はせず、エフェクターの持ち帰りもありません。参加は無料となります。
当日は出席する方の作業の妨げにならないよう、ご協力をお願い致します。

お申し込みはコチラ

<注意事項>

・お申し込みはコチラのアドレスに①見学希望講座部門、②氏名(フリガナ)、③電話番号、④この講座を知ったきっかけ、⑤好きなエフェクターブランドを記載し、メールをお願い致します。
・メールを頂いた方には、J-PEDAL FESスタッフから確認のメールをお送り致します。もし確認メールが届かない場合はお手数ですが、一度ご連絡頂きます様、お願い致します。
・尚、返信メールは自動返信メールではありません。見学希望者には随時、返信させて頂きますが、順番によっては返信にお時間を頂く場合がございますので予めご了承下さい。
・やむおえず、当日キャンセルされる場合は、あらかじめご連絡下さいます様、お願い致します。



タイムテーブル表はこちらからダウンロード


開催場所

音楽学校メーザー・ハウス

〒153-0044 東京都目黒区大橋1丁目6−13

開催日時
5月13日(日)
10時開場~18時終了(最終受付17:30まで)

イベントについての御不明点、お問い合わせはjpedalfes@gmail.com
またはFacebookTwitterアカウントのダイレクトメッセージにて承ります。