アンプ・エフェクター・ギターアクセサリギターアンプ・ベースアンプ

BH250│ベースアンプヘッド

定価:¥OPEN(税抜き) 想定売価:¥30,220(税抜き) JAN:4033653024235
tc electronic
  • Item -製品情報-
  • -サウンドサンプル-
  • Spec-スペック-

Item

250_1

250_4

250_3

250_2

多機能。超軽量。そしてベーシストのインスピレーションをかき立てるテクノロジーが詰まったベース用アンプ・ヘッド。BH250 は TC Electronic 独自のトーン着せ替え機能「TonePrint」テクノロジーを搭載。スピーカー・キャビネットに接続するだけで完結するシンプルなセットアップで、これまでになく幅広い場面に対応できます。

  • TonePrint 対応、トップ・アーティストのトーンを移植可能
  • 超コンパクトなサイズ、1.8 kg の超軽量設計
  • 4 ~ 6 弦ベースに対応したチューナー

濃縮されたパワー

ギグ・バッグのポケットに収納できるコンパクトなサイズ、重量わずか 1.8 kg、そして 250 W のパワー。

高度なテクノロジーが凝縮された中身とは裏腹に、操作はシンプルそのもの。一見、何の変哲もないベース/ミドル/トレブル・コントロールも、ブーストとカットで周波数レンジの反応が異なるなど、隅々までベーシストのフィーリングを重視しています。

TonePrint シグネチャー・エフェクト

BH250 は TC Electronic の TonePrint を搭載。出荷時の状態では TonePrint ノブでコーラスの量を調整できます。TonePrint テクノロジーは、いわばエフェクトの着せ替え。フランジャー、ビブラート、ドライブ、コンプレッサーなど、ベース用にチューニングされたエフェクトを TC Electronic 社の Web サイトから無償でダウンロードできます。

USB 接続の PC、もしくはスマートフォン用の TonePrint アプリ(無料)を使用して、BH250 本体にカスタム・トーンを手軽にアップロード可能です。世界中のトップ・ベーシストたちによって作成された TonePrint エフェクトが多数用意されています。

実用的な数々の機能

BH250 は、4~6 弦ベースに対応したチューナー、プリ/ポスト EQ セレクター付きのバランス出力、ヘッドホン出力、iPod などのステレオ・ソースを接続するためのリハーサル入力を搭載しています。

また、オプションの外部ペダル「Switch-3」を使用することで 2 種類の TonePrint 切り替え、およびミュート ON/OFF の操作が可能になります。

BH250 を 2012 年 8 月から 2013 年 1 月 21 日までに購入されたお客様には 大事なお知らせがあります。 詳細はこちら

TonePrint® 対応 – シグネチャー・ベースエフェクト

Bass 用 TonePrint に関わるサービスはすべて無償にて提供しております。TC では、世界中のトップ・アーティストたちにエフェクト・パラメーターを公開し、彼らの想像のおもむくままにカスタマイズしてもらいました。このシグネチャー・パラメーターは「TonePrint ファイル」として一般ユーザーに無償で提供されており、着せ替え感覚でペダルに転送することが可能です。

iPhone / Android スマートフォン用 TonePrint App を使用することで、楽器のピックアップ経由でペダルに TonePrint ファイルを転送できます。本アプリも無償で入手可能。ケーブル不要の手軽さで、いつでもどこでも TonePrint をご利用いただけます。

Googleplay _40px            Appstore _40px                                                          TonePrint App Icon

 

BH250 の主な特徴

ポータブル & パワフル

  • 250 ワット
  • 1.8 キロ
  • 8.7″ x 2.5 x 9.1″
  • 220 mm x 63 mm x 231 mm

Bass Tuner

  • 内蔵チューナー
  • 4 ~ 6 弦
ベース用に最適化されたトーン·コントロール
  • 異なる周波数でカット & ブースト
  • Bass: カット@80Hz / ブースト@100Hz
  • Mid: カット@500Hz / ブースト@800Hz
  • Treble: カット@1,800Hz / ブースト@3,150Hz

TonePrint 対応

  • 6 種類のエフェクト・タイプ
  • コーラス、フランジャー、ビブラート
  • オクターバー、SpectraComp, Bass Drive
  • 一流ベーシストたちによって作成された TonePrint パッケージを無償提供
  • Nathan East, Mark King, Duff McKagan, Roscoe Beck 他

TONE PRINT ノブ

TonePrint エフェクトのレベルを調節します。 コーラス、フランジャー、ビブラートではドライ/ウェットのミックス比率を決めます。 コンプレッション、ドライブでは適用量のコントロールとして機能します。TonePrint アーティスト作成のエフェクトについては、他の機能が割り当てられていることがあります。

BASS / MIDDLE / TREBLE ノブ

一般的なトーン・コントロールではブーストまたはカットで同じ周波数の周囲が調節されますが、BH250 ではトーン・コントロールによって異なる周波数が対象になります。

TUNER

チューナー情報を表示します。4 〜 6 弦までのベースに対応しています。緑色の LED は弦のチューニングを示します。正確なピッチの場合には赤と緑、両方の LED が点灯します。

バランス出力

ライブ時に BH250 の出力を PA に送る、またはスタジオでレコーディング機器に接続する時に使用します。隣にある緑色の PRE/POST スイッチを使うと、EQ とエフェクトがかかる前の信号を出力するか、かかったあとの信号を出力するかを選択できます。

AUX 入力

AUX 用のステレオ入力端子です。ここに入った信号は、すべての出力端子から出力されます。付属のミニジャック ─ ミニジャック・ケーブルを使えば、リハーサル用に iPod や iPhone などを接続することもできます。

ヘッドホン出力(ミュート型)

ヘッドホン用の 1/8″ ミニジャック端子です。このスタジオ・クオリティーのヘッドホン・アンプでは、出力信号に微妙なスピーカー・フィルターがかけられます。このため、ヘッドホンでも自然なサウンドを楽しむことができます。

マニュアルダウンロード

名称未設定-2

サウンドサンプル

-紹介動画-

-紹介動画-

-紹介動画-

-主な特徴-

Spec

インプット・セクション
入力コネクター
1/4 ”ジャック
入力インピーダンス
500 k Ω / 100 pF
ゲイン・レンジ
-96 ~ 36 dB
トーン・コントロール
ベース
80 Hz (ゲイン: -24 ~ 0 dB )、 100 Hz (ゲイン: 0 ~ +15 dB )
ミッド
500 Hz (ゲイン: -24 ~ 0 dB )、 800 Hz (ゲ イン: 0 ~ +15 dB & 0 ~ -12 dB )
トレブル
中央周波数 1800 Hz (ゲイン: -24 ~ 0 dB )、 5000 Hz (ゲイン: 0 ~ +15 dB )
TonePrint
2 TonePrint スロット
チューナー
ベース・チューナー、常時オン
チューニング・レンジ
B0 ( 30.87 Hz )~ G4 ( 392.00 Hz )
ミュート
スピーカー、ヘッドフォン、 バランス・アウト
マスターレベル/ ヘッドフォン・アウト
スタジオ・クオリティ・ ヘッドフォン・アンプ
ヘッドフォン・アウト・ インピーダンス
40 ~ 600 Ω
電源
100 ~ 240V 、 50/60 Hz (70 W@ 最大出力の 1/8 )
定格パワー
250 W ( 500W 瞬時ピーク @ 最低負荷)
スピーカー・アウト
Neutrik speakON
バランス・アウト
バランス XLR 、 プリ/ポスト・プリアンプ選択対応
最大バランス出力
+2 dBu
バランス出力 最適負荷インピーダンス
600 Ω
リハーサル・インプット
1/8 ”ジャック・インプット、 iPod ® 接続対応
湿度
最大 90% (結露なきこと)
寸法
220 x 63 x 231 mm
重量
1.8 kg
仕上げ
ブラッシュならびにアノダイズ・ アルミニウム・フロントプレート/ メタル・シャーシ
商品一覧に戻る