マイク・マイクアクセサリーKIKUTANIマイク・マイクアクセサリ
NEWMALX_1

NEWMALX_2

NEWMALX_3

NEWMALX_4

NEWMALX_5

NEWMALX_6

NEWMALX_7

NEWMALX_8

NEWMALX_9

KIKUTANI オーディオインターフェイス

Newmal Xニューマルエックス

JAN:4515515100993
ブランドKIKUTANI
定価(税込み)¥OPEN
想定売価(税込み)¥13,800
  • Item -製品情報-
  • Spec-スペック-
使いやすさとわかりやすさを重視した オーディオインターフェイス

ニューマルエックスはDAWはもちろん、ゲームなどの配信にもご使用いただけるオーディオインターフェイスです。入力は2チャンネル使用可能、3バンドEQ搭載、さらに16種類の内蔵エフェクトを搭載。内蔵エフェクトはON OFF、さらにモニターにのみ適用が可能。モニターにはエフェクトをつけて気持ちよく演奏した音源を後ほどDAWソフトや、外部エフェクトで味付けすることが可能です。また、ゲーム配信などでPC内の音声を声と同時に録音できる「ループバック機能」を搭載。さらに、ループバックの音量を話している間のみ自動で下げる「ボイスオーバー機能」も搭載。コントロールは上面にあるので、配信しながら微調整もしやすい設計です。PCに繋いでの使用はもちろん、スマートフォンに接続して、ライブアプリなどでの配信でも使用を想定し、4極プラグ分岐ケーブルとRCAケーブルも付属。普段使い慣れてない方が直感的に操作できるようにコントロールパネルをカバーできる日本語表記のトッププレートも付属。

Spec

本体サイズ
198 x 134 x 60mm (ノブ含む)
本体重量
約1000g
パッケージサイズ
308 x 196 x 93 mm
パッケージ重量
約1400g
付属品
日本語表記トッププレート、専用電源アダプタ、USBケーブル(USB2.0 Type-B-Type-A)、RCA-ステレオミニフォーンケーブル、ステレオミニ-モノラルミニオスandモノラルミニメスケーブル、3.5mmステレオフォン-1.4"ステレオフォン変換プラグ
入力
1/4"モノラル標準フォンx1 / XLR&1/4"モノラル標準フォンコンボ端子x2 /RCAx1
出力
1/4"モノラル標準フォンx2 (LR) / 1/4"ステレオ標準フォンX2 / 3.5mmステレオミニx1
最大入力可能チャンネル数
2(RCA使用時は両チャンネルとミックスされます。)
UAC (USB AUDIO CLASS)
2.0
電源
専用アダプター(USBバスパワーでは動作しません)
Mic input
周波数特性
22Hz ~ 50kHz (+/-0.2db)
ダイナミックレンジ
90dB, A特性
SN比
-90dB, A特性
THD+N
<0.0061% (-86dB)
クロストーク
-85dB @1kHz
入力インピーダンス
Mic in: 1.8KΩ typical
ゲイン調整
+39dB
Line input (RCA in, unbalanced)
周波数特性
22Hz ~ 20kHz (+/-0.2db)
ダイナミックレンジ
90dB, A特性
SN比
-90dB, A特性
THD+N
<0.003% (-86dB)
クロストーク
-90dB @1kHz
入力インピーダンス
Mic in: 10KΩ typical
ゲイン調整
+8dB
Inst input
周波数特性
22Hz ~ 20kHz (+/-0.2db)
ダイナミックレンジ
90dB, A特性
SN比
-90dB, A特性
THD+N
<0.061% (-86dB)
クロストーク
-75dB @1kHz
入力インピーダンス
Mic in: 500KΩ typical
ゲイン調整
+38dB
Headphone output
周波数特性
22Hz ~ 20kHz (+/-0.2db)
Power into Ohms
20mW into 100Ω
THD+N
<0.06% (-66dB)
クロストーク
-90dB, A特性
ロードインピーダンス
32~600Ω
サンプリングレート
24bit/96KHz ※24bit/96kHzはMacでの既存インターフェイスへの増設や 配信等でのINPUTのみの使用時に限ります。 単体でのIN/OUT使用時は最大24bit/48kHzに成ります。

スマートフォンでも使えます!(ACアダプターからの給電は必要です)

 
                   

この繋ぎ方でスマートフォンでも!

付属のRCA-ステレオミニケーブルと、4極プラグ分岐ケーブルを使用して、スマートフォンの4極端子に入力することで、スマートフォン内で音を再生しながら、NewmalXに接続したマイクなどの音声をスマートフォンで録音できます!
本繋ぎ方の場合はソースセレクトのMIXING DSP(入力信号+ループバック)スイッチとモニターセレクトのDIRECT OUTスイッチ(ダイレクトアウト)をONにしてください。
※iPhoneの場合は、Lightning to USBカメラアダプターを使用いただくことでも使用可能です。(Apple純正のみ対応です)
※iPad proなどのUSB typeC入力の機種には非対応です。

 
                   

繋ぎ方詳細

スマートフォンのイヤホンマイク端子に接続して使用する際は、先にNewmalXに2極(黒い線が一本の端子)を接続した後に、スマートフォンに4極(黒い線が3本の端子)接続します。
※逆順で繋ぐと認識されない場合があります。
※ACアダプターは必ず繋いでご使用ください。

 
                   

IOSでのご使用時の注意

Lightning to USBカメラアダプターでご使用いただく際は、必ずアダプターを先に繋いでからUSBを接続してください。
USBを先に繋いでしまうと電圧不足により、エフェクトがかからない、認識しないなどの不具合が起きます。

紹介動画

よくあるご質問

電源を接続してもランプがつかない

NewmalXのランプは各スイッチをONにした時のみ点灯します。 全てOFFの場合はNewmalXが使用可能状態でも点灯しません。

Windowsのソフトウエアでうまく動作しない

ご使用いただくソフトによってはドライバが必要な場合があります。現在動作が確認できているのはASIO4ALL 2.14となります。

ゲイン(入力音量)が低すぎて使いにくい

本機は設定ゲインが低く設計されております。 必要に応じてソフト側のマイク音量を上げたり、Equalizer APOのようなソフトウエアマイクプリアンプ等のご使用をご検討ください。

USBバスパワーで動作しますか

本機はUSBバスパワー動作しません。(認識、ライト等がつく場合がありますが、電力不足によりうまく動作しない可能性があります。)

録音の音量が小さい

PCの設定から、マイク、スピーカーの音量をご確認いただき最大にしてください。 ご使用のスピーカーに音量調節がある場合はスピーカーの音量を確認してください。

スマートフォンでの使用時にループバックが大きい(小さい)

RCA使用時はスマートフォン本体の音量を調節してください。

スマートフォン本体のマイク、スピーカーが使用されてしまう

『アプリ立ち上げ前にスマートフォンにケーブルを接続してください。』 アプリ立ち上げ後に接続しますと、スマートフォン本体のマイク、スピーカーが優先となり認識されない場合があります。

ノイズが多い

PCの設定から、マイクの音量をご確認いただき最大にしてください。 ご使用のスピーカーに音量調節がある場合はスピーカーの音量を確認してください。 ご使用のマイク、楽器の接続状態を確認してください。ご使用のマイク、楽器のケーブルを別のものに交換してください。

IOSで認識しない、エフェクトが効かない

一度全てのケーブルを抜いて、「アダプターを先に」繋いでからUSBを接続してください。 USBを先に繋いでしまうと電圧不足により、エフェクトがかからない、認識しないなどの不具合が起きます。 また、Apple純正のLightning to USB カメラアダプターをご使用ください。サードパーティ製のアダプターに関しましては動作しない場合があります。

付属ケーブルでスマートフォン接続しても音が入らない

ソースセレクトのMIXING DSP(入力信号+ループバック)スイッチとモニターセレクトのDIRECT OUTスイッチ(ダイレクトアウト)をONにしてください。
スマートフォンのイヤホンマイク端子に接続して使用する際は、先にNewmalXに2極(黒い線が一本の端子)を接続した後に、スマートフォンに4極(黒い線が3本の端子)接続します。

PCで再生した音(ループバック)の音が大きいまたは歪む

再生ソフト、ゲーム、ブラウザ等の音量を小さくしてください。※ループバックの音量はNewmalX本体では調節できません。

DAWソフトで入力信号+ループバックスイッチを押すとハウリングする

DAWソフト内のモニター機能をループバックすると音声がループしハウリングを起こします。 DAWソフト内のモニター機能をOFFにしてください。

声がおかしく聞こえる

モニターセレクトの入力信号+エフェクトスイッチをOFFにしてください。 スピーカーをご利用の場合はスピーカーの音量を下げてください。

WEBミーティングなどで声がループする

モニターセレクトの入力信号+エフェクトスイッチをOFFにし、ダイレクトアウトをONにしてください。 スピーカーをご利用の場合はスピーカーの音量を下げてください。

DAWソフトで設定ができない

大変申し訳ございませんが、ソフトの設定はソフトの販売元へお問い合わせください。 (キクタニミュージックではお答え致しかねます。)

商品一覧に戻る

Related Item 関連商品