エフェクター・MIDI・楽器用ワイヤレスシステムDanelectroエフェクターK.E.S パワーサプライ、エフェクターアクセサリ
 
        3699Mod_1

 
        3699Mod_2

 
        3699Mod_3

 
        3699Mod_4

 
        3699Mod_5

3699 Mod

JAN:4515515670106
ブランドDANELECTRO x K.E.S
定価(税込み)¥OPEN
想定売価(税込み)¥39,600
  • Item -製品情報-
  • Spec-スペック-
Steve Ridinger氏公認モディファイ仕様!

DANELECTRO 社長にして、かのFOXX TONE MACHINEの生みの親であるSteve氏が認めた公式Modの3699fUZZです。そしてK.E.Sとのコラボによるオリジナルカラー&ビンテージパーツフル換装の特別仕様モデルです。

試行錯誤の末、最終的に交換したパーツは
・トランジスタQ1,4→F2N3565(TO-106)
・クリッピングダイオード→ビンテージゲルマニウム1N34A(国産UNIZON製)
・抵抗器→ビンテージカーボンコンプタイプ(アレンブラッドリー製)
・電解コンデンサ→高分子アルミ固体タイプ

制作した試作機を元に何度もオリジナルFXTM設計者であるSteve Ridinger氏とのやり取りを行い、3度目の試作機チェックでようやく氏も納得のサウンドクオリティの実現に成功した、モディファイ担当者 K.E.Sブランドプランナーにして、Nik’s Mod Works ビルダー 中垣のオリジナルFXTMへのリスペクトを込めた特別なハンドモディファイモデルです。
マニュアルダウンロード

※本製品の外装は元々の3699fUZZのようなビンテージ風の仕上げを踏襲した形で行っております。
ごく薄いマットブラック塗装の為剥げたり、すれによる変質が起こりますが、製品の仕様としてお楽しみいただければと存じます。
またシルク印刷のかすれやズレもその世界観だとご理解いただければ幸いでございます。

※商品の仕様、価格並びに付属品などは予告なく変更することがあります。
※パーツ等の商品の取付、本体改造の際は、リペアショップにご相談下さい。
※使用による完璧な仕上がりを約束するものではございません。
※工具の使用は専門技術が必要となります。工具を使用しての施工は自己責任となります。
※お使いのブラウザや環境により実際の商品と色が異なる場合がございます。

Spec

モディファイ担当者 K.E.Sブランドプランナーにして、Nik's Mod Works ビルダー 中垣による開発秘話

 

原案

この改造の原案は、ある有名なペダルディガーでペダルショップオーナーのアドバイスから生まれました。 3699fUZZをセールスした際、「他店と同じでは意味がないでしょ。うちの店だけの何か特別な仕様とかなら考えてもいいですけどねぇ。」という話しになったのです。 この言葉から私がたどり着いた結論こそが、オリジナルFXTMへのリスペクトを込めた特別なモディファイでした。そこで以前から温めていたアイデアを実現するために試作品の製作に着手しました。

 

クリッピングダイオード→ビンテージゲルマニウム1N34A(国産UNIZON製)

最初に取り掛かったのは3699fUZZに使われているショットキー・バリア・ダイオードをビンテージのゲルマニウム1N34Aに変更する事でした。 もちろん、ショットキー・バリアがゲルマニウムに似たクリッピング挙動をすることは理解していましたが、音質に違いがある事もまた事実なのでこの交換のもたらす音質の変化を確認しました。

 

トランジスタQ1,4→F2N3565(TO-106)

次のステップではトランジスタの設定を確認しました。 オリジナルFXTMの初期モデルにはFAIRCHILD製の2N5133や2N3565のTO-106パッケージタイプが使われている為、2N5133と2N3565(TO-106),(TO-92)のNOSをそれぞれ比較し、音質に最も影響のある2箇所を変更する事に決定しました。 2N5133の音も素晴らしかったのですが、パーツの入手性の問題もあり、最終的にオリジナルと同じF2N3565(TO-106)を採用しました。

 

抵抗器→ビンテージカーボンコンプタイプ(アレンブラッドリー製)

抵抗値は実機の実測値も参考にしつつ、'72FXTMのオリジナル回路に合わせてバランスを取り、数値設定を一部変更しています。            

 

電解コンデンサ→高分子アルミ固体タイプ

電解コンデンサ→S/N比を少しでも向上させるため、高分子アルミ固体タイプに変更。               

 

Steve Ridinger氏公認

こうして制作した試作機を元に何度もオリジナルFXTM設計者であるSteve Ridinger氏とのやり取りを行い、3度目の試作機チェックでようやく氏も納得のサウンドクオリティの実現に成功したのです

商品一覧に戻る