エフェクター・MIDI・楽器用ワイヤレスシステムJacksonAudioエフェクター
 
        golden-boy_2

 
        golden-boy_1

 
        golden-boy_3

 
        golden-boy_4

Jackson Audio エフェクター

GOLDEN BOY

JAN:0302128186155
ブランドJacksonAudio
定価(税込み)¥OPEN
想定売価(税込み)¥55,000
  • Item -製品情報-
  • Spec-スペック-

Golden Boy Transparent Overdrive (Joey Landrethとのコラボレーションによるデザイン)は、これまでに作られた中で最も多機能でトランスペアレントなオーバードライブです。

ハーモニックのディテールに富み、ヘッドルームに溢れるGolden Boyは、トランスペアレント・オーバードライブのコンセプトを再定義し、オーバードライブペダルにかつてないモダンな機能を搭載しました。

クリッピングオプションのための4つのプリセット、GAIN CYCLEと呼ぶ革新的なゲイン調整機能、そしてトーンの柔軟性を最大限に引き出す3バンドアクティブEQを備えた、非常にフレキシブルなオーバードライブです。さらに、トップセラーのPRISM Preampペダルに搭載されているMOSFETブースト回路を追加しました。

「ブルースブレーカー・サーキットは、僕のお気に入りのオーバードライブ・サーキットなんだ。大好きなクローンのコレクションも持っている。このGolden Boyは、そのクラシックで味わい深い回路に3D的な深みを加え、ブラッド・ジャクソンのモダンなアイデアと融合させたもので、あらゆるペダルボードに対応する絶対的なスイス・アーミー・ナイフに仕上がっている」- ジョーイ・ランドレス

マニュアルダウンロード
※商品の仕様、価格並びに付属品などは予告なく変更することがあります。
※工具の使用や、パーツの取り付け/改造は専門知識が必要になります。自信の無い方はリペアショップに相談下さい。
※製品の特性上、製造過程で微細な研磨痕や擦れが生じることがございます。これらは製品の品質や性能に影響を及ぼすものではございません。
※お使いのブラウザや環境により実際の商品と色が異なる場合がございます。

Spec

GOLDEN BOYの魅力

 
                   

BOOST OVERVIEW

ブースト回路は独自のトゥルー・バイパス・ループにあり、DRIVE回路とは独立して使用できます。GOLDEN BOYのブースト回路は、ベストセラーのPRISM Preampペダルに搭載されているAMP MODEと同じ、MOSFETベースのブーストです。ブースト回路のオン/オフは、BOOSTフットスイッチを押すだけです。 GOLDEN BOYのブーストが市場にある他のブーストと異なる点は、4つのプリセットが用意されていることです。それぞれのプリセットは、GOLDEN BOYのオーバードライブ回路や他のペダルとの相互作用を変化させるために、わずかに異なるEQが設定されています。
Preset 1 – YELLOW LED: ブライト・ブースト。太いオーバードライブをブーストする時や、より細いサウンドを作る時に非常に便利

Preset 2 –GREEN LED:ミッド・ブースト。イエロー・モードほど薄くはないグリーン・モードは、より多くのローを許容し、ミッド・ブーストの性格を帯びている。
Preset 3 –AQUA LED: テーラード・ブースト。GOLDEN BOYのどんなオーバードライブ・セッティングにも合う完璧なセッティング。
Preset 4 – BLUE LEDフルレンジ。トーンの色付けはありません!ギター本来のトーン!
ブースト・プリセットを選択するには、BOOSTフットスイッチを1秒以上押し続けると、ブースト・プログラム・モードがアクティブになります。 このモードではBOOST LEDが点滅し、プログラム・モードであることを示します。BOOSTフットスイッチを素早くタップすると、ブースト・プリセットが切り替わり、ブースト・プログラム・モードに入ったときにブースト回路がアクティブであったと仮定して、プリセットが切り替わるのを聞くことができます。使用したいブースト・プリセットに到達したら、BOOSTフットスイッチを1秒以上押し続けると、ブースト・プログラム・モードが終了します。

 
                   

EASTER EGG!

GOLDEN BOYの昇圧回路にはイースターエッグがある!この昇圧回路は、MOSFETトランジスタをベースにしています。MOSFETトランジスタは、クリップ時などに「アンプのような」特性を発揮するため、昇圧回路に使用するトランジスタとしては非常にポピュラーなタイプです。しかし、この回路には欠点もあります。 市場で非常に人気のあるMOSFETブースト回路には、ブースト・ノブを回転させたときに非常に目立つクラックルが発生するものがいくつかあります。GOLDEN BOYではこの問題を修正し、ブースト・ノブを回しても完全に無音です。この問題を修正した唯一の欠点は、最も高い回転設定でゲインの約5%が失われることです。GOLDEN BOYのブーストはそのままでも十分な音量があるので、ほとんどの人にとってこれは決して問題ではないでしょう。
しかし、もしあなたが純血主義者であったり、ただ違いを聞きたいというのであれば、朗報があります。内部のジャンパーを動かすことで、100%のゲインでパチパチ音がするMOSFETブーストに戻すことができます!静かか、クラックルか。選択はあなた次第です!
STND BOOST –MOSFETブーストの我々のバージョン。同じトーン、ノイズなし。
ALT BOOST –MOSFETブーストの改良版。ノブを回すとパチパチと音がする。

 

OVERDRIVE OVERVIEW

Golden BoyはBluesbreaker/King of Tone回路をベースにしているため、得られるトーンは非常にオープンで非圧縮、透明感のあるサウンドです。ジョン・メイヤーのオーバードライブトーンを思い浮かべてください。Golden Boyはミックスに完璧にフィットし、オーバードライブとグリットを加えながらも、あなたのギターのサウンドはあなたのギターのままです! Golden Boyが他のBluesbreakerタイプの回路と異なる点は、フットスイッチをタップするだけで、より高いゲインで動作し、瞬時にローゲインのトランスペアレントなオーバードライブに切り替えることができる点です。演奏中に足元で4段階のゲイン設定が可能なので、GOLDEN BOYを常時ONのトーン・シェイパー、ローゲイン・トランスペアレント・オーバードライブ、ミッドゲイン・ドライブ、ハイゲイン・ソロ・ドライブとして、屈んでセッティングを調整することなく使用できます!GOLDEN BOYを使えば、演奏しながら足元(またはMIDI)でゲインを調整することができます!

 
                   

CLIPPING DIODE PRESETS

GOLDEN BOYでは、4つの異なるクリッピング・ダイオードをプリセットすることができ、それ自体でオーバードライブのクリップや歪み方のトーンやフィーリングを劇的に変化させることができます。 クリッピング・プリセットを選択するには、DRIVEフットスイッチを1秒以上押し続けると、クリッピング・プログラム・モードがアクティブになります。このモードではDRIVE LEDが点滅し、プログラム・モードであることを示します。DRIVEフットスイッチを素早くタップすると、クリッピング・プリセットが切り替わり、クリッピング・プログラム・モードに入ったときにドライブ回路がアクティブであったと仮定して、プリセットが切り替わるのを聞くことができます。使用したいクリッピング・プリセットに到達したら、DRIVEフットスイッチを1秒以上押し続けると、クリッピング・プログラム・モードが終了します。
Preset 1 –GREEN: クラシック・スクリーマー。2つの対称シリコンダイオードが、Tube Screamerの特徴であるクラシックなドライブとコンプレッションを生み出します。
Preset 2 – MAGENTA:非対称クリッピング。3つの非対称シリコン・ダイオードが、ギターの波形のトップとボトムの部分を異なるようにクリップし、より複雑で面白いトーンを生み出します。アグレッシブなリズム・パートを刻むのに最適なサウンドです!
Preset 3 –BLUE: シンメトリカル・クリッピング。4つの対称シリコン・ダイオードが、ギターの波形の上部と下部を均等にクリップし、よりフォーカスされたダイレクトなトーンを実現します。このスタイルのクリッピングを採用している2つの著名なペダルは、TimmyとKing of Toneです。
Preset 4 – AMBER:ヴィンテージ・マーシャル。2つのRED LEDは、ギターの波形の上部と下部を均等にクリップするために使用されます。このLEDによりヘッドルームが非常に広くなり、ヴィンテージ・マーシャルに似たオープンかつコンプレッションの少ないトーンが得られます。クリッピング・ダイオードを変更することは、オーバードライブペダルのサウンドやフィーリングを根本的に変える素晴らしい方法ですが、多くの場合、あなたが感じる変化は、実際のトーンの変化よりもボリュームの変化に関係しています...これまでは! GOLDEN BOYを設計する際、オーバードライブ・セクションに音色の柔軟性を持たせ、最も重要なこととして、その柔軟性をステージで使えるようにしたいと考えました。そこで、クリッピング・ダイオードを変更する際に、様々なクリッピング・ダイオードを選択することでペダルの出力をレベル・マッチングさせる回路を搭載しました。そのため、4つのクリッピング・オプションを選択しても、音量レベルは一定に保たれます。さらに重要なのは、クリッピング・モード間で聞こえる違いは、クリッピング・ダイオードのサウンドの違いによるものであり、他のデザインのように音量があちこちに跳ね上がるということではありません。

 
                   

GAIN CYCLE

GOLDEN BOYの最もエキサイティングな機能は、私たちが開発したGAIN CYCLEと呼ばれる新機能です。GAIN CYCLEは、最大ゲインを選択するGAINノブの設定を4等分します。例えば、GAINノブを最大、つまり100%のゲインに設定したとします。両方のフットスイッチを同時に押すたびに、ペダルのゲインは100%になるまで25%ずつ跳ね上がります。100%の次に押すと、ゲイン・サイクルは再び25%から始まります。
私がGAIN CYCLE機能で目指しているのは、ギタリストがライブ演奏中に屈んでゲインを変えたり、足のエッジで調整しようとしなくても、簡単にゲインを上げられるようにすることです。ここに完璧な使用例があります!
GAINコントロールが100%に設定されているとします。
Verse1 - ゲイン・サイクルを25%に設定 - ブレイクアップ・トーンのややオーバードライブしたエッジ。 GAIN CYCLEを押す Chorus - ゲイン・サイクルを50%に設定 - 明確なオーバードライブ・トーン。 GAIN CYCLEを押す Bridge - ゲイン・サイクルを75%に設定 - 重めのオーバードライブ・トーン。 GAIN CYCLEを押す Solo - ゲイン・サイクルを100%に設定 - 重く飽和したオーバードライブ・トーン! ヒント:BOOSTを追加すると、オーバードライブをさらに強くプッシュし、無限のサステインを得ることができます! GAIN CYCLE設定#4(100%)は、GAINノブの設定と同じだけのゲインになることを覚えておきましょう。GOLDEN BOYのGAINノブは最大ゲインで、各GAIN CYCLE設定はその最大値に対するパーセンテージだと考えてください。
DRIVE LEDの明るさが変化し、選択したゲインのパーセンテージを知らせます。パーセンテージが高いほど、DRIVE LEDは明るくなります。例えば GAIN CYCLE #1 - DIM LED - GAINノブ値の25% GAIN CYCLE #2 - BRIGHTER LED - GAINノブ値の50% GAIN CYCLE #3 - BRIGHT LED - GAINノブ値の75% GAIN CYCLE #4 - VERY BRIGHT LED - GAINノブ値の100%

 

3-BAND ACTIVE EQ

さらに、GOLDEN BOYのDRIVE回路には3バンドのアクティブEQが搭載されています。EQ回路にはスタジオグレードのEQを搭載しており、GOLDEN BOYに驚異的な音色の柔軟性を与えています。無数のスタジオEQに搭載されている伝説的なBaxandall EQをベースに、GOLDEN BOY EQはこの回路をギタリスト向けにアレンジしました!このEQは、ギタリストが調整する必要のある全ての周波数に対応するよう、ダイヤル調整に膨大な時間を費やし、極端な設定にすると耳を疲労させる高域と低域を除去して甘くしました。

 

EQ CIRCUIT

ハイバンド幅で12:00のレスポンスがフラットなスタジオグレードEQ
コントロールごとに+/-12dBのブースト/カット。ニュートラルまたはフラットなレスポンスに戻しやすくするポットのセンター・ディテント。

 

MIDI FEATURES

2020年、アナログ・オーバードライブ・ペダルにさらなる期待を寄せる時が来た!2019年にBROKEN ARROWが登場して以来、私たちのオーバードライブペダルは全て、クリッピングオプション、ゲインサイクルオプション、ブーストEQオプション、そしてオーバードライブ・ブースト回路のON/OFFをMIDIでコントロールできるようになりましたが、GOLDEN BOYも例外ではありません。

私たちは常に、複雑なリグにもシンプルなリグにも簡単に組み込めるペダルにしたいと考えています!

ケーブルについて:GOLDEN BOYでMIDIを使用するには、MIDI(DIN-5)コネクタをTRSケーブルに変換するケーブルが必要です。このケーブルは、私たちが使用して大成功を収めたものであり、お薦めできるものではありません。

 

MIDI CHANNEL

デフォルトでは、GOLDEN BOYはMIDIチャンネル1が選択された状態で出荷されます。これは、GOLDEN BOYに電源を入れた状態でDRIVEフットスイッチを押し続けることで変更できます。BOOSTフットスイッチを押してMIDIチャンネル番号を増やします。
DRIVEフットスイッチを押し続けると、BOOST LEDが点滅し、選択したMIDIチャンネルを示します。IE - 7 点滅 = MIDI チャンネル 7。LEDが点滅した後、LEDの点滅が終わったことが分かるように、2秒間の間を設けました。DRIVEフットスイッチを押している間、LEDは点滅し続けます。希望のMIDIチャンネルを選択し、点滅を数えて確認したら、DRIVEフットスイッチを離すだけで、ペダルはこのMIDIチャンネルをマイクロプロセッサー内蔵のEEPROMに保存し、再起動します。

 

MIDI DETAILS

GOLDEN BOY の MIDI 機能へのアクセスはコントロール・チェンジ(CC)で行います。以下は、MIDI経由でアクセスできるGOLDEN BOYの機能とそのアクセスCCのリストです。 CC #1 – DRIVE ON/OFF (value of 127 = ON /value of 0 = OFF)
CC #2 – BOOST ON/OFF (value of 127 = ON /value of 0 = OFF)
CC #3 – CLIPPING DIODES (value of 1 = 2x SYMETRICAL DIODES)
(value of 2 = 3x ASYMETRICAL DIODES)
(value of 3 = 4x SYMETRICAL DIODES)
(value of 4 = 2x SYMETRICAL RED LED's)
CC #4 – GAIN CYCLE
(value of 1 = 25% GAIN)
(value of 2 = 50% GAIN)
(value of 3 = 75% GAIN)
(value of 4 = 100% GAIN)

CC #5 – BOOST EQ
(value of 1 = BRIGHT BOOST)
(value of 2 = MID BOOST)
(value of 3 = TAILORED BOOST)
(value of 4 = FULL BOOST)

商品一覧に戻る

Related Item 関連商品