新着記事

【Yuhra feat.Ashdown】
Kraバンド ベーシスト

-”Kraで語る“Ashdownの魅力とは?”-

2017.9.11に、結成16周年を迎えたヴィジュアル系バンド『Kra』。作品毎に明確なテーマを表現し、個々の実力が惜しみなく注がれた楽曲・サウンド。そして彼らの表現力は聴く人、観る人を魅了し続けている。 そんなKraを、バンド結成時からリズムとアグレッシブなサウンドで支えるベーシスト結良氏。今年から、結良氏のサウンドを形成しているのはRM-500-EVO。今回は結良氏のアンプへのこだわりとAshdownへの愛着、そしてバンドやベースに対する思いを語って頂きました。

>>続きを読む



【Stuart Zender feat.Ashdown】
Inaba Salasバンド サポートベーシスト
Stuart Zender氏

-“ジャミロクワイ”に10代で参加した天才ベーシストが語る“Ashdownの魅力とは?”-

『Travelling Without Moving』最も世界で売れたファンクアルバムの記録を保持する“ジャミロクワイ”に10代で参加した天才ベーシストStuart Zender。
世界中は勿論、日本にも多くのファンを持つ彼が参加中のINABA/SALASのライブにお邪魔して独占インタビューを敢行しました!!

>>続きを読む



【Julian Cox feat.Ashdown】
Rick Astleyバンド サポートベーシスト
Julian Cox氏

-世界のRickを支えるプロベーシストが語る“Ashdownの魅力とは?”-

3年ぶりの来日公演、そして初のSummer Sonicの参加と今年大きな注目を浴びているイギリスポップシンガーRick Astley!
今回はRickを長年支え続けている凄腕ベーシストJulian Coxとインタビューすることに成功!彼がこの来日公演に採用したベースアンプは”ABM-600RC-EVO IV ヘッド”と”ABM-410H-EVO-IV キャビ”。様々なアンプを使用してきた彼はなぜAshdownを選んだのか?Ashdownに対する情熱を熱く語って頂きました。

>>続きを読む

【Steve Billman feat.Ashdown】
プロベーシスト
Steve Billman氏

-世界を股にかけるベーシストが語る“Ashdownの魅力とは?”-

日本とハワイ…ふたつの異なる島国文化の音楽がブレンドされたグラミー賞受賞者同士のTak Matsumot &Daniel Hoによる初コラボレーション・ツアーに参加したベーシスト“Steve Billman”。彼がこのツアーに採用したベースアンプは”Ashdown ABM-600-EVO IV”。優しい表情、時に真剣な眼差し。ツアー中の余暇を頂き彼のベースへの想い、音楽への想いを存分に語って頂きました!

>>続きを読む