22-HEAD
Shavo Signature Model

定価:OPEN
市場想定売価:¥145,000(税抜き)
JAN:0714270966903

Shavo Odadjianの要望に基づいて設計

Ashdownカスタムショップにてハンドメイドで製造されたモデル22 HeadはShavo Odadjianの要望に基づいて設計されたモデルです。 Shavo Odadjianは、数々の賞を受賞したミュージシャン、ソングライター、また実業家でもあります。彼はSystem of a Downのベーシストとして最もよく知られておりますがAshdownのメンバーにとってShavoは家族のような存在です。AshdownとShavoとの関係は2002年から始まり、それ以来ShavoはずっとAshdownのABMシリーズを使用してきました。 Ashdownの一員であることに対する感謝の気持ちを込めてShavoはこう話しました: 「私はAshdownメンバーに夢中です、まるで家族の一人のようでした…そののち彼らは私にAshdownのアンプを見せて頂き、私は完全にその虜になりました。 同じアンプにソリッドステートボリュームとチューブボリュームがあるのは驚くべきことです、私はこれまでこういったものを見たことがありません。 私はこの家族感のあるメーカーの一員であることを光栄に思っています。」

SPEC

パワー出力 600W RMS
必要電源 115-230V
スピーカー出力端子 コンボ端子 x 2 (Speakon,1/4"Phone)
スピーカー出力インピーダンス 4Ω(Minimum)
周波数特性 -3dB@17Hz to 22kHz
入力インピーダンス(Hi) 3.9MΩ(150mV - 20V p-p)
入力インピーダンス(Low) 10KΩ(300mV - 40V p-p)
ライン入力インピーダンス 22KΩ(0dBu)
DI出力インピーダンス 600Ω(-20dBu with Ground Lift)
チューナー出力インピーダンス 1kΩ(0dBu)
SENDインピーダンス 22kΩ(0dBu)
Returnインピーダンス 22kΩ(0dBu)
サイズ 145 x 483 x 310mm
重量 11.5kg
消費電力 700W

ABM-600-EVO IV Manual

Download >>>

2018 NAMMで発表になったGeezer ButlerシグネチャーモデルであるDoom Headに強く惹かれ、 22HEADも同じく存在感が抜群にあるデュアルVU機能を採用しました。22HEADはお馴染みのベースサウンドに洗練された9バンドEQを搭載、 ミドルコントロールとトレブルコントロール、 6つのスライダーの100Hz、180Hz、340Hz、1.3KHz、2.6KHz、5KHzで正確なカットとブーストを実現します。 EQはフットスイッチで切り替えることができ、多種多様なトーンバリエーションとトーンの調整を提供します。

ABMサブハーモニックジェネレータは、演奏する小節の下にオクターブを追加、あらゆる低音域を豊かに表現します。 サブレベルは独立しておりコントロールが可能、またフットスイッチ対応です。22HEADは外部サンプラーまたは音源を接続するための チューナーアウトプット、ラインアウト、トランスペアレントFXループ、またラインインプットを備えています。 アウトプットミューティングはDI出力からの信号をカットしますが チューナーアウトプットは無音でチューニングが可能です。

最小4 ohm負荷のNeutrikジャック/スピコンソケットのペアは、キャビネットと提携できる様、柔軟に対応、 これにより22HEADはシングル8 ohmキャビネット、8 ohmキャビネットペア、 またはシングル4 ohmキャビネットに電源供給してご使用頂けます。FS-4フットスイッチ(別売)を使用していただくと素早いサウンドエフェクトの切り替えが可能です。 FS-4ならバルブドライブ、コンプレッション、EQとサブハーモニックジェネレータを 足元でコントロール可能、数十種類のサウンドを組み合わせてご使用頂けます。